+ a piece of Works

創作日記

⭐️2018.9.17 モノクロームの世界展行ってきました

AFC308EA-9830-4C8E-B998-77646E457F61.jpeg

 

和田 祐子 「冷露無聲」    サイズ 220 × 220

 

「アルミの丸窓額縁」

     国立にあります「ギャラリー国立」に行ってきました。

北野さまのアルミと黒漆喰の額縁に入れた2作品に再会し、北野さまにもお会いできましたが、メールで何度もやりとりして額縁を完成させましたのでお会いするのが2回目と思えなく、お会いできて嬉しかったです。

それ以外に、個展でアルミの額縁を買ってくださったのが書の作家さまだったのが意外でしたが、今回、それに書と墨の絵の作品を入れて展示してくださっていました。

 

丸頭釘を使ったアルミの額縁は「男前インテリア」をイメージして作りましたが、書の作家さまが買ってくださったこと、予想外に似合っていたことが収穫でしたし、固定観念が壊される嬉しい誤算でした。

北野さま  和田さま  ありがとうございました。 

 

 

 

⭐︎2018.9.6「モノクロームの世界展」の額縁

 1882E7F7-DD93-4171-BA33-E9FA208D720B.jpeg

04037C38-F645-4C9D-9915-2AE32F8AAC98.jpeg
「アルミの額縁」

お客様は最初幅広いアルミで、というご希望でした。

   こちらからはグレートーンだからぼやけてしまうのでは、と、黒い額縁を提案いたしましたが、WAMの個展にいらした時アルミの額縁に心惹かれたという気持ちを大事にした方が良いという事になり、アルミで作らせていただくことになりました。

結果アルミで正解でした(^^)

グレーの塗装でなく、金属のチカラ強さ、コントラスト、がしっかり絵を際立たせてくれました。

 

北野さほ    「漂うもの」

作品のサイズ450 × 370 

 

「黒漆喰の額縁」

小さい銅版画の作品を見たときに真っ先に黒漆喰が浮かびました。

それも漆黒の「黒」

ですが額装を軽くしたいというかたもいらっしゃると思い、3点のラフを出させていただきました。

1案 ……黒漆喰 ・魂揺さぶりレベル(笑笑)

2案 ……木と金属・ 少し気取ったイメージ

3案 ……和紙のマットと細いフレーム・女性っぽいイメージ

北野様は、私が最初に思った「魂揺さぶりレベル 」( 笑えますが、本気です(^^)) を選んでくださいました。

32712D16-2803-47B5-A0CD-A567638EAD3D.jpeg

 

 

 

04A204DA-AC0F-40D9-82E6-A7540CCD483F.jpeg185735EC-B815-4992-B5C0-B48A41DAF63E.jpeg

北野さほ 「無題 」作品サイズ  115 × 95  銅版画 

 

 

これらの作品は「モノクロームの世界展」2018年9月13日〜21日 (於 : ギャラリー国立)で展示されます。

 ( +News で詳しくご紹介しています。)

⭐︎2018.8.28 チーク 「月の額縁」

 

B4EB8907-BDD8-4C88-95E9-D8A3C4834AC7.jpeg
チークの「月の額縁」は何年も前に作っていた作品です。

2016年の青山のギャラリーでの個展「花の絵画展」で、青木フランシスさまがマリアさまの自作の銀細工を入れて展示してくださいました。

今回またご注文いただき、今度は濃いめののブラウンで着色することになり、来年の個展で展示される予定です。

 

34103517-51EB-4A9D-A232-50ACA38518AE.jpeg

「花の絵画展」で一番目立った大きな作品は、108種類のお花を描きそのなかに一体のお地蔵さまが描かれた「花羅漢108」

全て違うお花なのでお好きな方はひとつひとつお花の名前をあてる楽しみもあり、とても綺麗な奥深い作品でした。

煩悩がお花で描かれているなんて意外な事でした。お花になった煩悩たちはどう思っている事でしょうか(^^)💛

 

7F262A41-DCA8-4A2A-8C66-AD23F2527729.jpeg
「ビスケットの額縁」

 エンジュという木の木目を生かしたナチュラルな額縁。

注文してくださった方が始めてこの額を見たとき「ビスケットみたい」と。

意外でしたがなるほどでした。

その後、可愛いい女の子の絵に、と、このビスケットを注文してくださいました。

 

 

 

 

 青木フランシス

「大天使ガブリエル」

 

  フィリッポ・リッピの

「受胎告知」部分模写

  テンペラ画

 

 

 

 「葦の額縁」

 189840AC-3F73-45E4-B664-96D7071053D5.jpeg   8BC7FC6F-3078-4154-8A96-1D33D8B718AE.jpeg

青木フランシス  「薔薇の内部 」

 

 この額縁は、本物の葦で製作しました。

作品は「薔薇の内部」という題名で、リルケの「薔薇の内部」という詩を金箔で書き込んだそうです。

青木さまは来年3月に銀座のギャラリーで個展される予定で、WAMの額縁もいくつか使ってくださいます。

近くなりましたらまたお知らせいたします。

⭐️2018.8.25 2Lサイズの額縁完成しました。

8C8B6016-AF36-4046-A174-2CCB687E6773.jpeg
「土の額縁」

壁に掛けたり、縦にも横にも立てて飾っていただけます。

仕上げは「金剛白土」という象牙色に近い土の顔料を使っています。

天然の色なので優しい色で飽きがこないと思います。

2L写真が入るサイズ。

この土を使って色々作ってみたいと思える、とても好きな色です。

 

 

⭐️2018.8.23 「2Lサイズの写真用額縁」

 

image.jpg
🔨 製作中
お客様のペットのワンちゃんの写真を入れる写真額縁の注文です。

これから四隅のお花を彫刻します。

以前、飼い猫のふなをテンペラ画で描き、その時に作った額縁のリニューアルです。

 

 

 

愛猫ふなは、個展開催直前に天国へ遊びに行ってしまいました。

18年一緒に暮らしました。

 

 

 

72E684CD-08C1-4963-8D4B-1A59D51DD8E7.jpeg

 

 

 

1