+ News + a piece of Works

2022-02-28 19:25:00

1777AFE4-B7B5-4D20-BB19-AF13C9A645EC.jpeg

F423BA77-90FB-418F-AB22-B7AEA893ABA2.jpeg

 

 以前仕上げたらアップすると言っていた立体を飾れる額縁

 

金箔貼って着色してアンティークな仕上げ、と思っていたのですが、そのままの土のイメージの方がなんだか落ち着く気がして、少し経年劣化の剥がれた風な仕上げにして完成としました。

 

 

素朴なマリア様やキリスト像とか似合いそうで、少し探してはみたけれど……

相変わらずキリスト教徒ではないのに、やっぱりあの雰囲気が好きな私です。

 

 

でも小瓶を置いて植物など飾っても素敵♡

 

 

後ろからかぶせたのは2mmの厚みもない歪んだ「エンジュ」という木目のある木です。

薄くスライスした歪んだ木を釘で打ちつけただけの後ろ姿は、バリ家具風「気負いのない」仕上げ。

 

 

B9F0E5E2-C9E7-4EF5-85C4-FB41E4609920.jpeg

 

 

気負いがない作品は、癒しの効果があると思っています。

 

 

 ã€Œæ°—負いのない」を検索すれば…

 

「自分の身の丈に合っていて心に余裕をもった生活」

「肩の力を抜いた生き方」

「気取らない生き方」

「自然体の生き方」 エトセトラ エトセトラ

 

 

けれど

 

肩の力は抜いても、「癒し」の追求にはチカラを抜かないのがWAMのコンセプトです♡

 

 

5950724D-8764-4597-A239-D31EA12BCECF.jpeg