+ News + a piece of Works

2021-02-18 10:40:00

 7985619F-8B8D-4C25-A13F-6CAB2479E4EC.jpeg

 瓶 史子 「ひとりも悪くない」

 AGカラメル・色鉛筆

 

 

 二人展のお知らせをした時に、すごく可愛くできた!とお伝えしていた上の作品は早速お嫁に行くことができました♡

 

昨年の2月のWAMの個展で展示され、創作日記でも会期中にご紹介したチークの額縁でしたが、今回偶然にも窓寸法と鳥のカラメル作品のサイズがピッタリ!

上の葉の彫刻も「鳥」のイメージに合っていて嬉しくなりました。

 

中に入れる作品のことを何も考えずに「好き」を優先で作った額縁でしたから。

 

 

透かし部分は強度を考えて後ろはハンダで補強していますので折れたり欠けたりもせず、安心して扱えるかと思います。

 

FC43B6FC-FBDC-47B4-B4A8-C909A4161873.jpeg

 

 

 前回、45度のマットについて書かせていただきましたが、この作品のマットは和紙を貼って刻印をしてあります。

 

そのほかのチークの額縁もマットは厚紙の45度カットでなく全て手作りです。

 

 

45度カットの鋭いエッジは時に強すぎると感じたり、特にチークの味ある木には市販のマットの風合いがちょっと味気ないので自作にチャレンジしています。

 

和紙を貼ったり、作品にピッタリな色に着色したり、布貼ったりなど、まだまだ遊べるマットです。

 

絵が得意な作家様なら、マットに絵を描いても面白いかもしれませんね!

額縁も同様に……絵が得意だったら;;;ですが

 

グレーに着色したマットのチーク作品も展示されています。

下の「種と羽根」の作品のマットは一度作ったのですが、手元に作品がなく合わせてみたらクリーム色でもクール寄りで茶色の絵には合わず、茶色を多くしたワーム系に作り直しました。

 

グレーやオフホワイトはクールだったりワームだったり、微妙な色の違いで作品と合わないことがあるので、やはり手元に作品があると安心ですね!

 

写真ではわかり辛いですが、紙の風合いが塗装していても出ていて味のあるマットになっています。

 

 8E2B1CD3-FFB9-4598-BDAF-06CB1DE377DB.jpeg

瓶 史子 「種と羽根」  紙・AGカラメル 

 

 

フレームは、作品に合わせて真四角でなく少しカーブの入ったチークの廃材を使っています。

羽根のようなイメージで小さく切って組み合わせて作りました。

 

 2F039CB1-CC89-4022-A8A4-A775EB80D2D9.jpeg

 

チーク材は高いのですが、でも味わいがあって大好きです。

もろいところあり、それが時折いい感じに作用してくれるのも嬉しい木材ですので、どんな端材も捨てられないで箱に取ってあります。

 

 

 次回はラワンベニヤを使った額縁のご紹介をさせていただきます。

 

 

2021-02-17 11:00:00

6971ABD2-1CA0-4C11-87B6-B15E6689ECD4.jpeg

 

 今日1日で創作日記を初3話アップですが、思わず、が1話!

 

先日、旦那様がバレンタインで息子家族からもらったチョコレートの蓋を開けてみました。

せっかくもらったのだから一人で食べてね♡と言ってあるので気にしていなかったのですが、空になってたら片付けなくっちゃと。

 

開けた瞬間思わず笑ってしまいました♡

手がつけづらいであろう、ど真ん中の赤いハートなのでしょうね^ ^

 

庭のお花とともに記念撮影♡

写真送らなくっちゃ(^^)!

 

 

2021-02-17 10:02:00

 

 

11FBEE1C-86D3-462B-8E27-093C5168AED6.jpeg 

 瓶 史子 「青い鳥の棲家」  

 パネル・和紙・アクリル

 

 

今回のトレータイプの額縁は仮額のような細いフレームを作家様が希望されました。

 

作品が大きくないので幅のあるフレームでもいいのですが、個展などでたくさん作品を展示したいときには額縁が目立たないので、会場の空気を作品のカラーで満たすことができる額縁です。

 

壁と絵の間に細いフレームでワンクッション置くことで絵が後ろの壁から切り取られて、より絵に集中して世界観を感じることができると思いました。

 

 

一種類の角材から切り出した細いフレームは単調になりがちですが、このフレームは合板の重なったところを見せて作ってありますので、さりげないアクセントになりました。

 

DFC3120B-29B6-4BD1-A9A8-04866118944B.jpeg 

 

絵の下も、見えないけれどワームグレーを塗装してありますが、作品を小さくして後ろの色もいかすこともでき、作品によっては大胆な色も似合うと思います。

 

 

今回アクリルは使っていませんが、このトレータイプはフレーム部分を作品よりすこし高くしておけば、いずれ必要なとき上からアクリルを置いて四隅をネジや角を保護する金具など使って止めることもできます。

 

デザインとしてもいいアクセントになりますが、もちろん、ネジも四隅の金具もそのままでなくサビ塗装や何かを施すなどして遊ぶこともできるのは良いですね!

 

 09927BB9-B7C8-4F0F-B195-80B73C254D19.jpeg

 875DFBF6-98CE-44D9-8725-759FE6079F3D.jpeg

 瓶 史子 「Wall」

 パネルに和紙・mixd

 

同じトレータイプですが、古木を使い、塗装もステインをムラ塗装してあります。

 

トレーは色々に変身できる額縁です。

  

 

 

絵だけでなく、色々に使えるトレー型。

ドライフラワー・厚さのない立体・ちょっとフックをつけて生花など

 

あ、本当にトレーとしても大丈夫!

 

 

2021-02-17 02:29:00

 

FEA7C0F6-F483-4FF6-A772-BBBBF538D4B5.jpeg

  

上は奥から撮った写真で、出入り口は左側にあります。

入ってすぐのピアノの上には瓶さんの小品。

 

その上の壁には、立入ヒデコさんと瓶史子さんの優しい色合いの作品が並んでいます。

お二人の作品のタッチは違いますが、額縁なしで展示されているので、ふんわりとやさしい雰囲気に癒されるコーナー。

 

 3620CB89-0DBA-49E2-9F5E-CAC95BAF5539.jpeg

 

上の写真の左側の壁面には瓶史子さんの作品が並んで展示されています。

 

先日、創作日記でアップした金属の細いフレームがロウ画という技法で描かれた作品に使われています。

 

WAMでは手作りの丸みのあるエッジのマット製作もしていますが、この作品には、シャープな線のマットを使った方が作品がキリリとしまってよいかと思い、45度カットのマットを使用しました。

 

 A8EB07A2-5AB8-460F-B3E6-9F85CF91267F.jpeg

 瓶 史子 「Garden rain  恵みの雨 」

 

蜜蝋と水彩で描かれた「ロウ画」という技法で描かれた珍しい作品です。

そばで見ると、確かに半透明のロウが絵に厚みと不思議な透明感を出していて、ロウを使ったのは分かるのですが、いくら聞いてもどうにも理解できない技法なのでした;;;

 

ハンダで作った風合いある額縁はそばで見ると二重になっていて、丸頭釘がアクセントになり押さえにもなっています。

その肌合いとムラのある濃いめのグレー色がロウ画に似合うと思いおすすめしました。

 

C3B7F497-D88B-4B69-8679-CE2B98D3E1C2.jpeg

 

 次回は他の素材の作品をご紹介したいと思います。

 

 

 

2021-02-17 00:18:00

622C5EBD-A505-42C1-AECA-4E2EC0F7AC49.jpeg

 

 上の画像は、国立駅すぐそばの「ギャラリー国立」で開催されている二人展入ってすぐの景色です。

 

インパクトのある作品とやさしい風合いの作品が、区分けされつつも溶けあっていい感じで展示されていて、案内ハガキの「二人の画家の化学反応が見所」の文章がぴったりだと思いました。

 54F4CCDB-9B1A-4DD5-9EEF-ADAA2D112497.jpeg

6ED346C7-CF6E-47AD-BEDE-EBA728BA68F5.jpeg

 

 今回はホームページで時折ご紹介している瓶史子さんの作品の額縁を製作しました。

 

送った額縁に作家様が作品を入れて展示されたので、果たしてWAMの額縁とあっているのか写真で確認はしたものの、写真では伝わらない作品の色や風合いがありますので色が合っているか心配でした。

 

心配と楽しみ両方の思いで訪問させていただきましたが、幸い、いい感じに収まったのを確認してホッとしました。

 

創作日記でコラボ作品を少しづつご紹介させていただくので、ご覧いただきたいと思います。

 

 

 

 

  

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...