+ News + a piece of Works

2021-08-05 08:40:00

A9B31F0B-951B-454F-BC21-8F0A72D24C5B.jpeg

FC575B07-93A1-4718-ADBC-285642904283.jpeg

 

 

 銀座 月光荘画室2にて開催中の

20年前の女子美術大学洋画専攻出身の仲間たちによるグループ展

「熟女子美921展」

緊急事態宣言中、猛暑というダブルパンチでの開催でしたが、

初日から大盛況で、画廊巡りをされている方々含めてたくさんの方がいらしてくださったそうです!

 

今回の展覧会はコロナ禍ということもあり一日も早く日常が取り戻せるよう願いを込めて、共通テーマとして疫病の流行を防ぐご利益があると言われている妖怪「アマエビ」を描かれたとのこと。

 

女子美術大学卒業生らしい自由で明るい雰囲気の展覧会になっていて、20年間で身につけたさまざまな画材や技法で描かれた作品の数々を楽しんでいただけたらとのコメントをいただきました。

 

 

8日まで開催しておりますので、ぜひぜひいらしていただき、

熟女子美の方々の作品に癒されていただけたら幸いです♡

 

詳細は創作日記にてお伝えしたいと思います。

 

 

2021-08-02 09:43:00

5B23F5DC-E060-4DE3-A055-1628950B3EFE.jpeg

 

2D9EC344-2CFA-4DD4-B8C5-CD30FC8C26C5.jpeg

 

 賞状を入れる額縁を製作しました。

男性の方なのでカッコいい空間を、と考えるとやっぱり金属に行き着きます。

「男前インテリア」になる「男前額縁」でしょうか。

 

頭で描いていたのは、あまり有機的にならないように型取りして平らな表面にエッジにアクセント。

 

熱に強い石膏で型取りして製作すればできたかもしれませんが、あまり時間なく木で型取りしました。

ですが外す時に無理があり失敗!

 

いつか時間あれば石膏型取りにチャレンジしてみたいと思います。

 

アルミで製作してもよかったかもしれませんが、少し重厚さが欲しかったので金属を溶かす方を選択しました。

 

カッコイイ額縁作りますね!とお約束したので気に入っていただけるか心配しましたが、賞状を入れてみたら思ったよりカッコよくなって一安心でした。

 

丸いアルミの額縁は、A4サイズのハンダの有機的な甘さをいい感じで少し男前に引っ張ってくれたかなと思います。

丸い額縁にはお写真を入れていただく予定です。

 

ハンダを溶かす製作方法のイメージを「ターミネーター」みたいに溶けるとご説明した時すかさず「ターミネーター2ですね」と補足していただき(^^)

 

カッコイイインテリアに役立っていただけたら幸いです。

 

 

 

2021-07-23 08:26:00

2E64CB77-3276-4E17-B207-7CC5BD891B32.jpeg

 

JUQJOSHIBI-921」

 熟女子美921展 

  2021.8.2mon~8.8sun

    11:00~18:30 (16:00最終日)

    於 : 月光荘画室2

 

 

大学時代の仲間と20年の時を経てのグループ展の開催です。

女子美術大学の洋画専攻に通われていた仲間達が子育てなど一段落して『熟女』となって再結集した

「熟女子美展」♡

20年間熟成された感性が加わった「熟女」の作家さま方のさまざまな個性のある作品が楽しみです♡

 

 

銀座での個展など、数々の個展含め卒業以来ずっと創作活動をされてきた

青木フランシス幸子さん

 

今回はWAMの額縁を4点使ってくださっています。

昨年のWAMの2回目の個展にて額縁から絵のイメージが湧いたと購入してくださった、マリアさまのイラストが入っていたアルミの十字架の額縁と、3年前の初個展の時に購入していただいたこのホームページのトップページのイメージ写真に使われている緑色の布の額縁も使っていただいたとのことです。

両方ともどんな絵を描いてくださったのかとっても楽しみです!

 

ほかの2点を含め、一度手を離れた額縁との再会も嬉しい事です。

 お近くにいらした時はぜひお立ち寄りくださいませ。

 

 月光荘

  https://gekkoso.jp 

 

2021-07-17 09:25:00

2C6A206E-8282-45C8-B2CE-49A43A04C55F.jpeg
D6047AD0-396E-48BE-8A83-96904B8DE5AC.jpeg 

    NHK 朝ドラ「おかえりモネ」より

 

  樹齢300年の大きなヒバの木が伐採されたシーンに目が釘付けでした。

 

これほど「命が絶えた」と感じる伐採のシーンを今まで見たことがありません。

倒れたヒバの木の周りの木々は、まるでその終わりを見守っているように見えました。

 

悲しくも清々しく感じる素晴らしいシーン*・゜゚・*:.。.✳︎⭐︎

私もそんなふうに終わらせたいと思いました 

 

 

 

 なぜか「終わり」をテーマにスタートさせることになりましたが

梅雨明けしたら創作日記再開しますとお伝えしていたので、こんなに梅雨明けがいつになるか気にしたことは初めてでした。

 

早く明けたらどうしよう;;; と

 

 

7月から制作のスタートを決めていましたがなかなか気持ちに着火しない日々で、結果12日からのスタートになりました。

 

 

リハビリはまだ続いていますが7月で終わりとなります。

 

「傷は勝手に治るが 筋肉は勝手に育たない!」

そんな格言を考えた、と、くだらないことをリハビリの先生におしゃべりするダメ患者は

終わり近くで叱咤激励されやっと本気モードになれて、痛い筋トレに頑張っています。

 

 

92C30EEC-5686-4742-BA9F-F385073E946E.jpeg 

 

 

あのシーンは、これから何かを終わらせるときには清々しい気持ちでいたいと思わせてくれました。

 

 

今、新たな気持ちで製作をスタートできました。

 

いよいよ暑い夏に突入! 

どうぞお身体ご自愛くださってお元気でお過ごしくださいませ♡

 

 

  

2021-05-05 07:49:00

A3B885DD-EE0F-40F2-9DB8-4153CA04300B.jpeg

 

 

 上のブラウンの名刺入れは厚めのクラフト紙にステイン塗装してミシンで縫って完成させました。

ふと思い立ち塗装してみたのですが、見事に破れづらく丈夫になって大成功!

 

いずれ手提げ袋やお財布なども作りたいなと思っています。

裁縫は得意でないですが;;;自分のだから^ ^;;

 

 

今回お気に入りのお店で麻袋がとても安かったので、防カビ防汚加工して玄関前のマットにしてみようかなと計画しています。

布も紙も一手間加えれば色々楽しめ、あれもこれもと世界が広がります♡

 

 

 

 

 お気に入りのお店があるのは茅ヶ崎にある明治5年創業の湘南に残されたただ一つの蔵元の敷地内。

その広い敷地に元々あった倉庫や蔵を活かして人々が集い癒される場所として

どんどんリニューアルされています。

 

 

古民家を移築したイタリアンレストラン。

蔵を改装した創作料理を出すレストラン。

さらにまた蔵を改装した地下一階から二階までのカフェとパン屋さん。

 

B2755F42-A8C1-4D0A-9F5A-AB714F2C3AD9.jpeg

 

それらの洒落た建物に囲まれた広場には大きな落葉樹と色々な樹木の枝が広がり、夏には木陰で涼しく冬には落葉して陽だまりになって、自然いっぱいのとっても癒される場所となっています♡

 

70D7FF21-D375-4856-ACBC-C7C31D636884.jpeg 

   熊沢酒造ホームページより

 

敷地の奥にはさらに古い倉庫を改装して「okeba」という作家さんの作品を展示販売している gallery &shop があり、そこもまた楽しいエリアで、ほんとうにいつ行っても満たされる大好きな場所♡

 

 

以前パン屋さんのレジの上の照明について創作日記にアップしたこともありましたが、建物や敷地の隅々やインテリア、食器やカテラトリーにいたるまで手抜きなく徹底しておしゃれにこだわるところはすごいな〜と思います。

 

 

その「okeba」での私の楽しみは隅っこに置いてあるレトロな品々。

 

 EB7D8E7F-5C7A-4A42-82CA-5CE595ABABE9.jpeg

A9D23C50-B397-46C0-B117-B1662B7DB080.jpeg

 

箸立てですが、マヨネーズ立てたり、ガラス瓶を入れれば花瓶としても♡

他にも小皿、小さなナイフ、グラスなど、今まで色々と買いました。

 

 

レストランもパンも創作料理もとても美味しくって、

自由に気楽にお食事できる日が来るのを楽しみにしています♡

 

 

 熊沢酒造

 https://www.kumazawa.jp/